2008年04月20日

インド・ストリートチルドレンによるイベント(鎌倉G)

終了しました


インドのストリートチルドレンは今
〜 九条世界会議に招聘された子どもたちの映画とダンス、講演 〜

・・・・ 芸術家に成長した彼らが私たちに伝えてくれるものとは ・・・・?
インド写真.jpg
--------------------------------------
日時:5月9日(金)19:00〜21:30
場所:鎌倉生涯学習センター第6集会室(JR鎌倉駅東口徒歩2分)
入場無料(申し込み不要)
--------------------------------------

★ドキュメンタリー映画上映 History Expedition(歴史の旅)より
南インド、バンガロールにある「ボーンフリーアートスクール」のスタッフと子どもたちが、4千`の旅を通して、児童労働の実態を25,000枚の写真に収める様子を撮影したドキュメンタリー映画です。低賃金で、あるいは無賃金で過酷な労働を強いられている子どもたちが描かれています。
「ボーンフリーアートスクール」は、ストリートチルドレンが、絵画や詩、写真などアートを通して再び学校へ行く決意をする手助けをしています。「子どもに子ども時代を!教育を!」との願いから生まれた映画です。
★パフォーマンス:歌とダンス
★写真展示:ボーンフリーアートスクールの子どもたちが撮影した写真

ボーンフリーアートスクールのスタッフ紹介
・ジョン・デバラジ(男)51歳 ボーンフリーアートスクール主催者
彫刻、絵画、演劇、音楽、写真など多岐分野でアーティステイックディレクターとして活躍。25年以上、芸術を通して子どものエンパワーメントを目指し児童労働問題に取り組んできた。

中山実生(女) ボーンフリーアートスクール プロジェクト・コーディネーター
広島市出身。インドで、児童労働、ストリートチルドレン、子ども買春、子どものエンパワーメントをテーマに執筆活動や写真撮影を行っている。

<元ストリートチルドレン>
ジャイラム・ペルマール(男)18歳
現在、彫刻家としての才能を発揮、認められている。

アルン・シバ・ガネーシュ(男)17歳
高校1年、ドラマー。児童労働問題に取り組んでいる活動家。

アナン・ダナコティ(男)15歳
児童労働者。現在、クラシックバレーなどを習得中。

ラ・フリーダ・シャンティ(女)18歳
電車でかくれんぼをしていて家族と離れ、ストリートチルドレンに。現在、プロのダンサーの道へ。


--------------------------------------
主催:アムネスティインターナショナル鎌倉グループ 
問い合わせ:古川 0467(22)4997
posted by アムネスティ神奈川連絡会 at 21:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 終了したイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。